LIKESBEST(ライクスベスト)

思わず「いいね」と言ってしまうお役立ち情報や「あっと驚く」最新情報を提供するニュースサイトです。

*

多汗症の症状と治療方法

   

手足や手のひら、顔面や全身にたくさんの汗をかく多汗症の症状や治療方法についてまとめていますので参考にして下さい。

takanshou01

多汗症は病気なので改善できます!

多汗症という病気は、文字通り汗を多量にかく病気ですが、病気という自覚のない人が多いようです。

病気という自覚がなく、単なる「汗かき」、「暑がり」と思って何の対策もしていない人が多いのです。

多汗症という病気のことを知らなければ、多汗症に対する対処方法や多汗症の治療方法も知らないことが多いでしょう。

周りの人に分かるほど汗の量が人より多くて、深刻に悩んでいる人もいますし、周りの人には分からないとしても、自分が気にしすぎる人もいます。

多汗症の人は、暑くなくても異常に汗をかくので周りを気にして悩んでいる人も多いのです。

しかし、多汗症は、まだまだ認知度が低いので「病気」という認識がないので病院に行って治療している人は少ないと思います。

多汗症が病気と思わない人は、汗を多量にかくということで、病院に行くことはないので多汗症の治療ができないのです。

しかし、多汗症は、「病気」として扱われているので保険が使えるので、多汗症を改善するために積極的に病院で多汗症を治療するといいでしょう。

 

多汗症の症状

全身性多汗症と局所性多汗症とは?

多汗症を治療するためには、多汗症について知っておくことが重要です。

多汗症には、何種類かありますが、主に2つ分類できます。
全身性多汗症と局所性多汗症です。

全身性多汗症は、全身から汗が出る症状で、局所性多汗症は、手掌とか足の裏などの身体の一部分から発汗する症状です。

多汗症の人は寒くて汗をかかない環境でも異常なくらい汗をかくことがあるので、なんとかして多汗症を改善したいと思っている人が多いのです。

大汗をかいたり、わきや手の平、背中などにぐっしょりと汗をかく時は、特に緊張している時ですが例えば、初対面の人と話したり大勢の人の前で話す時などです。

人前にでると緊張して、汗をかくことは多くの人は経験していると思いますが、多汗症の人は、異常なくらい汗をかくので、多汗症の治療を考えている人は多いのです。

全身性多汗症の人は、何かの原因で異常なほど全身に汗をかくタイプで、「自分は汗っかきだ」と思っている人に多いです。

局所性多汗症の方は、ストレスなどの緊張感で汗をかくタイプです。

手のひらに大汗をかくと、人と握手するのも躊躇したり、本や紙に触ると大汗でぬれてしまうのが気になって、さらにストレスで大汗をかこともあります。

多汗症は、何らかの原因で、異常な汗の分泌が起きるので原因を調べて多汗症を治療して、多汗症を少しでも改善しましう。

手掌多汗症とは?

多汗症の症状は、個人差があるので人によって汗をかく部分が異なります。

特に、手のひらにたくさんの汗をかく症状の人は手掌多汗症と呼ばれています。

手掌多汗症の症状としては、手のひらが少し汗ばむ程度の症状の人や手がぐっしょりと濡れるほど汗をかく症状の人、さらに手から汗が滴り落ちるほどの
症状の人がいます。

2つの汗線の内、片方から必要とする以上の大量の汗を発汗してしまう病気を、一般的に多汗症と呼んでいます。

スポンサーリンク

多汗症と判断される汗の量は一概に決まっていないですし、治療が必要とされる汗の量も特に決まりはありません。

また、自分が大汗かきで多汗症だと意識すると余計に気になって、症状が悪化するケースもあります。

自分が異常な程の大汗をかくと、周囲の人に気を使いすぎてストレスが加重され更に大汗をかいてしまうという悪循環になります。

「自分が大汗をかいてびちょびちょになっていると、周りの人に迷惑をかけると思い込んでしまうと、さらに汗を増加させるのでしょう。

多汗症を引き起こすストレスは、他の病気を誘発することもあるので、大汗が気になり始めたら、早めに治療しておきたいですね。

多汗症の治療方法

多汗症の発症時期は?

多汗症の発症時期は、まだ小さい頃の5歳くらいで発症している人が多いそうです。

大きくなってから、突然に発症するわけではなく、小さい頃はあまり気にならなかった汗が、中学、高校と成長するにつれて気になり初めて、多汗症であると自覚するようです。

なかには幼少の頃は普通で大人になってから多汗症を発症する人もいるようです。

家庭環境や、会社での環境の中でストレスが蓄積して突然に多汗症を発症する人もいます。

幼少の頃に多汗症の自覚をしたとしても、恥ずかしくて相談できずに悩んでいる人も多いと思いますが、多汗症はきちんと治療すれば、治る病気ですので、一度病院で診てもらったらいいでしょう。

大人になって突然に多汗症になった人は、早めに病院で診察してもらい多汗症の治療をすると多汗症の改善が進むと思います。

身体全身から汗が、ポタポタと落ちていたら、まわりの人も驚きますし、自分自身も気になってますます症状が悪化するかもしれません。

多汗症の症状が悪化すると、悩みも深刻になりますね。

背中に汗を大量にかくと、ワイシャツや洋服が背中にぴったりと貼り付いたり、脇から汗が大量にでると、脇に黄色や茶色の汗ジミができてしまうでしょう。

暑くなくても、真冬でも容赦なく大量の汗をかくとまわりの人がビックリするかもしれません。

多汗症は、適切な治療で改善することができるので、改善できればストレスのない快適な生活ができるようになるでしょう。

制汗グッズで汗を抑える

多汗症の人は、普通の人よりも極端に汗をかいて発汗します。

この発汗は、汗腺から起こるのですが発汗の原因としては、辛いものを食べたり緊張することなどがあります。

辛い料理を食べたり、暑かったりすれば誰だって汗をかくので、汗かきがそのまま多汗症というわけではありません。

発汗量が少ないのでしたら、多汗症の治療というよりも、汗対策を市販の制汗剤などでするといいでしょう。

脇汗パッドを脇にセットすれば汗を吸い取ってくれますし、脇用のパウダーを使えば汗を抑えてくれます。

汗が気になるけれど汗の量がそんなに多くなければ、すぐに多汗症の治療を検討するよりもいろんな制汗グッズを試してみたらどうでしょうか?

また、汗の量も気になりますが、汗をかくと、ばい菌が繁殖して嫌な臭いがするので汗の臭いも気になりますね。

汗の量よりも汗の臭いがきになる人も多いでしょう。

汗の臭いを抑えることができれば、汗があまり気にならないかもしれませんね。
最近の制汗グッズは、いろいろなタイプがあって香りも豊富ですのでいろいろ試してみて好みの制汗グッズを楽しめるといいですね。

しかし、制汗グッズで汗が抑えられないほど多量の汗がでるようになれば早めに病院で受診して多汗症を治療して早めに改善しておきましょう。

スポンサーリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

GW101
バセドウ病の症状と原因について

バセドウ病とはどんな病気なのか? バセドウの症状と原因に関する役立つ情報をまとめ …

sokuteikenmaku
足裏の痛みを緩和する足底腱膜炎の治療方法

朝起きた直後や歩き始めなどに足に痛みを感じたことはありませんか? この足の痛みは …

katakori
肩こりの解消法はコレ!肩こりの原因と対策など

肩こりで悩んでいる人のために、肩こりの原因と肩こりの対策についてや肩こりの解消法 …

taisyuu01
体臭を予防する方法

体臭を消すにはどうすればいいのか?という体臭予防や体臭対策について紹介しています …

basedou01
バセドウ病の治療方法と予防について

バセドウ病を治療し予防できるようにバセドウ病に関する役立つ情報を紹介していますの …

syokumotusenni
食物繊維の多い食品やレシピについて

食物繊維の多い食べ物や野菜は、家族の健康管理や美容のために毎日の食事の中に取り入 …

tukareme
疲れ目解消と疲れ目に効く方法について

疲れ目の症状と対策、疲れ目に効くツボと刺激方法や目薬の使い方、マッサージの仕方、 …

haguratuki01
歯がぐらつく原因と治療について

最近、歯がぐらつくことで気になっていませんか? 忠告としては、歯がぐらついた状態 …

riumachi01
リウマチの症状・原因を知って早期治療をしましょう!

リウマチの症状と原因を知ってリウマチを治療し予防できるようにリウマチに関する役立 …

gan01
がんの初期症状を知って早期発見と早期治療をしよう!

身体の調子がおもわしくなく、何らかの自覚症状があると心配ですね。 肺がん・乳がん …