LIKESBEST(ライクスベスト)

思わず「いいね」と言ってしまうお役立ち情報や「あっと驚く」最新情報を提供するニュースサイトです。

*

老人ホームと介護保険・介護サービスについて

      2019/01/05

老人ホームの利用には介護保険が利用できる場合と利用できない場合があります。
また、介護サービスにも受けられるサービスと受けられないサービスがあります。
老人ホームと介護保険、介護サービスについて紹介しますので参考にしてください。

roujin04

 

介護保険を使った老人ホームの利用について

 

老人介護施設は、「老人ホーム」とも呼ばれますが高齢者を介護する施設の総称でもあります。

老人ホームはいろいろありますが、介護保険の給付対象となる老人ホームと、介護保険の対象外になる老人ホームがあります。

 

介護保険を利用して、老人ホームへの入居を希望する場合は、介護サービスの要介護や要支援の認定を受ける必要があります。

介護サービスの認定を申請して、一次審査、二次審査を経て認定を受ければ、認定を受けている人しか入居できない老人ホームへ入居して介護保険を使って自己負担の金額を減らすことができます。

 

要介護や、要支援の認定を受けてなくても入居できる老人ホームがありますが、自己負担の金額が大きく違ってくるでしょう。

介護保険の給付対象となる介護サービスや施設について紹介すると、老人ホームでのサービスや、在宅でのサービスの指定など監督をするのは、老人ホームのある都道府県となっています。

スポンサーリンク

 

市町村が指定や監督を行っている場合は、地域密着型サービスと言います。

 

要介護と要支援では、受けられる介護サービスが違う

 
要介護の認定を受けている人は、老人ホームなどの施設でのサービスや、在宅でのサービス、地域密着型サービスなど、のすべてのサービスを

受けることができます。

 

しかし、要支援の認定の方は、施設ではサービスが受けられないようになっています。

介護に関係する介護サービスの中に、訪問リハビリと言うサービスがあります。

 

この訪問リハビリは、自宅に訪問してくれてリハビリをしてくれるサービスで、利用料は要介護認定、要支援認定とも同じになっています。

また、訪問介護、訪問看護、訪問介護入浴サービスなどは、認定の種類によって、利用料が変わり負担額も異なります。

 

在宅療養管理指導の利用料も認定の種類によって違いが有り、月に介護サービスを利用できる何回も制限が設けられています。

施設に通って受けられる施設サービスは、介護サービスとリハビリのサービスがあります。

 

要支援認定の方は、老人ホームなどの施設で介護サービスを受けられます。

しかし、要介護認定の人は、介護サービスとリハビリのサービスのどちらかを選択して受けることができます。

 

施設に通って受ける介護サービスでは、お風呂や食事、生活指導や機能訓練などを受けることができます。

通いのリハビリサービスでは、病院などで直接、専門家による機能回復訓練を受けることもできます。

スポンサーリンク

 - 高齢者

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

roujin03
老人ホームの種類や費用について

老人ホームのいろいろな種類と老人ホームに入居するために費用について紹介しますので …

roujin05
老人ホームと医療費控除について

老人ホームの入居費の費用はばかになりませんね。 医療費控除を受けれるといくらか返 …

roujin01
老人ホームの選び方について

老人ホームに入居するためにはどのような施設を選んだらいいのか? いろんな施設があ …

roujin02
老人ホームと認知症について

親が認知症になると在宅介護だけだと大変ですね。 認知症でも老人ホームに入所できる …