LIKESBEST(ライクスベスト)

思わず「いいね」と言ってしまうお役立ち情報や「あっと驚く」最新情報を提供するニュースサイトです。

*

老人ホームと認知症について

      2019/01/03

親が認知症になると在宅介護だけだと大変ですね。
認知症でも老人ホームに入所できるところがあるので、在宅介護だけでなく老人ホームでの入居も選択肢に入れて考えましょう。
老人ホームと認知症について紹介していますので参考にしてください。

roujin02

認知症でも入所できる老人ホームがあります

高齢者になると認知症になる可能性は高くなるので、両親が高齢になると認知症はひとごとではなくなります。

認知症という病気は、何らかの原因で脳が萎縮したり、破壊されたりして脳の神経細胞に障害が起こる疾患です。

 

認知症の症状としては、今までの記憶がなくなったり、新しいことが覚えられない状態になったりします。

また、時間の間隔がなくなっったり、場所が分からないこともあります。

 

さらに、物事を判断する能力がなくなったり、集中力の低下など、認知症の症状は個人差があり様々です。

認知症が重度になると、食事の時に食べ物を噛むという、生きるための基本的動作ができない障害が起きる人もいます。

 

認知症は症状の総称であって病名ではないので、まだ有効な治療方法がないのが現実です。

認知症の原因となっている疾患は、徐々に分かってきていますが、まだ未解明の部分も多いので効果的な治療ができていません。

 

認知症が進行すると、徘徊したり、攻撃的になったりして、介護する人に精神的、肉体的な負担が加重される場合があります。

そこで、認知症の人の介護者をサポートするために、認知症の人でも、入所ができる老人ホームがあります。

 

また、軽度の認知症で「あれば、老人ホームのグループホームの利用も可能となっています。

ただし、グループホームの老人ホームを利用する場合は、集団生活をする施設ですので食事や排泄や歩行など自分のことが自分でできる必要があります。

 

認知症は在宅介護だけでなく老人ホームに入れることも選択肢に!

高齢者が増えると共に、認知症の人も増えていますので、国家レベルでの対策が必要とされています。

厚生労働省は、全国の150箇所ある介護施設に、認知症専門の介護職員を常駐させることを決定しました。

 

しかし、認知症を専門とする医師や介護職員も不足しているのが現状です。

スポンサーリンク

しかも、認知症の人を受け入れる医療機関や介護施設など、認知症を受け入れる老人ホーム施設も不足しています。

 

認知症の家族を、在宅介護している人もたくさんいると思います。

介護に関する問題については、介護される側と共に介護する側にも経済的な問題や精神的な問題などいろいろとあるので、一人で抱え込んで悩むことは良くないことです。

 

認知症の家族を在宅介護だけで解決しようとしないで、認知症の人を老人ホーム施設に入れることも、選択肢の中に入れるべきでしょう。

また、自分一人で抱え込まないで周りの人に手助けを求めることも必要です。

 

認知症の問題などに困った時は、無料の相談窓口を利用したり、認知症の方でも入所可能な老人ホームを紹介している機関もあるので積極的に

利用すると良いでしょう。

 

認知症の症状が出て、自分の身の回りのことを自分でできなかったり、暴力的な行動をして周りの人に迷惑をかけるようであれば、老人ホームに入居することは難しいかもしれません。

 

しかし、有料の老人ホームであれば、認知症が進行していても入居できるようですが、老人ホーム施設の種類や、必要となる費用もさまざま異なります。

 

親の介護を老人ホームですることも考えよう

 

自分の親や家族の介護は、自分でなんとかしないといけないと一人で悩むことはありません。

自分の親は、自分で面倒をみなければならないと自分で責任を持ちすぎると、自分自身が大変になってしまいます。

 

親の介護をすることで精神的にも、肉体的にも疲れ果てて親と一緒に無理心中する事件も発生していますが、自分一人で抱え込まずに、誰かに助けを求めることも必要です。

 

普段の生活の中で認知症の予防になることは積極的に取り入れていきましょう。

認知症の初期症状を理解して認知症に対応できるように普段の生活の中で意識しましょう。
認知症になった親と一緒に暮らすことは、精神的負担も大きいので老人ホームに入所させたり、誰かに手助けを頼むことは決して恥づべきことではありません。

赤の他人に自分の親の面倒をみてもらうことが、親にとっても自分にとっても、家族にとっても、一番良い方法になることもあります。

 

「地域包括センター」などでは、保健師や、社会福祉士、ケアマネージャーなどが老人ホームなどの施設と連帯して、福祉や医療を向上させるために、問題解決に向かって努力しています。

 

親の介護を老人ホームの施設にお願いすることは、介護の方法の一つとして検討項目にいれておきましょう。

スポンサーリンク

 - 高齢者

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

roujin03
老人ホームの種類や費用について

老人ホームのいろいろな種類と老人ホームに入居するために費用について紹介しますので …

roujin01
老人ホームの選び方について

老人ホームに入居するためにはどのような施設を選んだらいいのか? いろんな施設があ …

roujin04
老人ホームと介護保険・介護サービスについて

老人ホームの利用には介護保険が利用できる場合と利用できない場合があります。 また …

roujin05
老人ホームと医療費控除について

老人ホームの入居費の費用はばかになりませんね。 医療費控除を受けれるといくらか返 …