LIKESBEST(ライクスベスト)

思わず「いいね」と言ってしまうお役立ち情報や「あっと驚く」最新情報を提供するニュースサイトです。

*

ロームシアター京都のこけら落とし公演はいつ?内容は?

      2017/04/14

ロームシアター京都は、約50年間親しまれてきた「京都会館」を再整備して平成28年(2016年)1月10日にオープンし、こけら落とし公演が行われ、開館記念公演記念式典能楽特別公演もあります。

romushiata

メインホールでは、京都市交響楽団のオペラやバレエなどの舞台芸術公演などでロームシアター京都の魅力を満喫でき、サウスホールでは、能楽や日本舞踊の公演、市民寄席なども楽しめます。

京都会館は、故・前川國男氏が設計した戦後のモダニズム建築の傑作した建物としてとても高く評価されていました。この価値を継承して劇場の機能を刷新するかたちで再整備してロームシアター京都ができたようです。古い価値の上に新しい価値を重ねていく思想で、懐かしい京都会館の上に新しい出会いも楽しめるということです。

ロームシアター京都のメインホールの座席数は?

ロームシアター京都メインホールの座席数は、2025席で以前と同じ規模ですが、舞台の構造は新しくなりました。ロームシアター京都のメインホールの大きな特徴・魅力は、今まで京都では上演することがなかった大規模で本格的なミュージカルやバレエ、オペラなどが上演できるようになったことです。

スポンサーリンク

ロームシアター京都の客席と舞台の距離が近く音響効果も抜群なので精細な音や出演者の表情なども存分に楽しめます。京都市交響楽団は、第2のホームグランドとしていろんなジャンルとコラボして活躍していくようです。

ロームシアター京都のサウスホールは716席になり、様々なジャンルに対応できるような舞台になっています。また、新設のノースホールは、メインホールの地下にあってリハーサル室として利用でき、200~300席を小劇場としても使えるように
なっています。

ロームシアター京都は、公演がなくても中庭のローム・スクエアが開放され、二条通から冷泉通までのプロムナードは自由に通り抜けできます。ブック&カフェやレストランを営業するパークプラザで食事や休憩もできて憩いの場として使えます。

近くの岡崎公園も整備され小型の市バスが15分間隔で走り交通の便もよくなっていますし、京都市動物園も改修工事が終わりグランドオープンしたり、市電の車両を活用して、総合案内や情報発信を行う「岡崎・市電コンシェルジュ」もオープンして、岡崎地域が活性化しています。

ロームシアター京都も長く愛される劇場空間を目指して、京都に住んでいる人も観光で京都に来た人も楽しめる憩いの場として利用されることでしょう。

スポンサーリンク

 - 観光

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

tetugaku2
4月の京都観光は桜の名所を巡るコースがおすすめ

出典:高画質壁紙写真集無料壁紙 京都の春は、街中が桜につつまれます。特に、京都の …

kyoutokankou
京都観光で知っておきたい京都の歴史・地形などの基礎知識

京都を観光するならこれだけは知っておきたいという京都の歴史や地形、祭りなど京都に …