LIKESBEST(ライクスベスト)

思わず「いいね」と言ってしまうお役立ち情報や「あっと驚く」最新情報を提供するニュースサイトです。

*

コレステロールの数値を下げるために食事を改善しましょう

   

健康診断でコレステロールの数値が高いと言われたことはありませんか?

コレステロール値を下げるには、食事を改善することが一番です。

コレステロールをコントロールした食事はダイエットにも効果的なので美容と健康管理には必須になります。

koresute

ダイエットに取り組んでいる人からすれば、血液中のコレステロールはとても重要なテーマになります。

一概にコレステロールが悪者というわけではなく、ある程度は必要な物質でもあります。

そもそもコレステロール自体は、細胞を形成する物質の一つであり、身体に不可欠なものなのです。

一概にコレステロールは不要なものであり、体に悪影響を及ぼすという考えは間違っています。

コレステロールを摂りすぎると、血液中に溶け込むコレステロール量が多くなりすぎて、血管に負担になったり、血液をドロドロにしたりします。

ダイエットを実践する時には、血液中のコレステロール量が重要になりますので、まずは食事の内容を見直してコレステロールの増加を抑えましょう。

コレステロール値の高い食材をチェックして、食事から抜くようにするといいでしょう。

肉や乳製品、脂質の多いものを食べると血中のコレステロールが多くなりますので、ほどほどの量に留めておくことが大事です。

健康な体を維持するためにさらに重要になるが、カロリーの摂取量に気を配ることです。

食事量が多かったり、油分の多い食事メニューであったり、外食の頻度が多ければ、どうしても摂取カロリーがオーバー気味になります。

健康維持のためにはある程度の乳製品や肉類も必要ですが、海草や野菜も多めに摂って、栄養の偏りがないような献立をつくりましょう。

ダイエット中の食生活は、ただ量を減らすのではなく、適量のコレステロールと、それ以外の様々な栄養素を確保できるようにしましょう。

気になるコレステロールを食事で改善する時には

コレステロールの数値を減らすには、適度な運動を行うと同時に、食事に気を配る必要があります。

脂っぽい食事を減らせば良いイメージがありますが、具体的にどんな食事を心がけたらいいのでしょうか。

アジ、イワシ、ブリなど、背中が青い魚を食べることで、コレステロールを下げることが可能です。

スポンサーリンク

イワシやアジなどの青魚は、ドコサヘキサエン酸や、エイコサペンタエン酸などの成分が含有されていて、中性脂肪を下げる効果があります。

血液中の善玉コレステロールが多くなるように、LDLコレステロールを減らすためには、ドコサヘキサエン酸や、エイコサペンタエン酸の摂取がよいといいます。

エイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸は熱に弱い成分なので、青魚を食べるなら加熱しすぎないようにするのが大切です。

青魚が苦手な人や、時間がなくて食事内容の見直しが出来ない人は、サプリメントを利用するのも1つの方法です。

コレステロール値を下げるために、ダイエットに励む人もいますが、やみくもに食事制限をしていたのでは、効果がありません。

糖分や、炭水化物を極端に減らしてダイエットをしようとする人もいますが、代わりに別のものを食べ過ぎては意味がありません。

食事の改善のやり方を誤ると、体重を落とすことができた場合でも、コレステロールが結果的に多くなってしまう可能性もあります。

ご飯やお肉を減らした場合、代わりに食べるものとしては、野菜や果物、海草、茸、大豆加工品などにするとコレステロールに有効です。

コレステロール値を下げるために普段の食事に気を使いましょう

健康診断などでコレステロール値が引っ掛かってしまい、コレステロール値を下げるためにはどうしたらよいか悩んでいる方も多くいらっしゃることと思います。

コレステロール値を下げるために病院で処方された薬を飲んだり、サプリメントを摂っている人もいます。

日々の生活改善や、食事の見直しでコレステロールを減らしたいという時には、どんな取り組みが効果を発揮するでしょう。

コレステロール値を下げるためには、どのように食事をすれば良いのか、ご紹介していきます。

まずはコレステロール値を上げる原因となる食品を摂取することをできる限り控える必要があります。

コレステロールが多い食材として知られているものは、鶏の卵や、魚の卵などが代表的です。

コレステロール値を下げる効果がある食材を積極的に食べるようすることもおすすめです。

コレステロール値、特に悪玉コレステロールを下げる効果がある食べ物として有名なものが、サバやサンマ、イワシなどの青魚です。

青魚の油分には、EPAや、DHAという成分が豊富に存在していることから、コレステロールを低く抑えられます。

食物繊維やビタミンEを摂ることも、コレステロール値を下げる助けとなってくれます。

アルコールの摂取を控えて、糖質や脂質の多い食事から、野菜類や海藻を多く摂ることができる和食に切り替えるようにしましょう。

コレステロールを低くするめたには、健康維持に効果がある食事を摂るようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

 - ダイエット ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

kahanshin
下半身ダイエットで効果的に脚痩せする方法

ボディバランスを気にしている人は大勢いますが、様々な身体の悩みの中でも、下半身太 …

koukadiet01
効果的で簡単なダイエット方法について

効果的に簡単にダイエットする方法として、ダイエットサプリ、巻くだけダイエット、ト …

kyabetudaiet1
キャベツダイエットで便秘を改善し効率的に痩せる方法

ダイエットと共に、便秘を改善したいと思っている人は、キャベツを食べるダイエットを …

onakasurimu
お腹がスリムになるダイエット方法

最近お腹が出てきて悩んでいませんか? 今まで着れていた服がきつくなって困っていま …

daietsupu01
ダイエットスープの効果とやり方について

お腹いっぱい食べる事ができて満足できる食事内容を知りたいという人におすすめなのが …

daietmochi1
ダイエットのモチベーションを保ち続ける方法

ダイエットを決意して始めたはいいけど、すぐ挫折してしまうことはありませんか? そ …

yuusansoundou1
ダイエットは無酸素運動より有酸素運動の方が効果が高い!?

ダイエットの効果を出す方法の一つに運動やトレーニングがあります。 運動にも無酸素 …

daietshouhin1
ダイエット成功の秘訣はダイエット商品を上手に活用すること

ダイエット成功の為には、ダイエット商品をきちんと選ばないと上手く活用することはで …

ribaundonashi1
リバウンドしないダイエット法で正しく痩せよう

ダイエットの度にリバウンドしていませんか? せっかくダイエットしても、リバウンド …

hoseishitagi1
痩せる下着のダイエット効果について

痩せることができる下着は数多く販売されていますが、ダイエット効果はあるのでしょう …