LIKESBEST(ライクスベスト)

思わず「いいね」と言ってしまうお役立ち情報や「あっと驚く」最新情報を提供するニュースサイトです。

*

犬の口臭対策と予防について

   

犬の口臭が気になると何か病気の兆候なのか?と心配になりますね。
犬の口臭で健康をチェックすることができるので犬の口臭の原因や対策・予防について把握して愛犬の健康管理に役立ててください。

inukousyuu

 

犬の口臭が気になりませんか?

 

犬の口臭が気になり始めると、なんらかの病気の兆候なのか?

犬の口臭が生臭い原因はいったい何なのか?と心配しますね。

口臭は、人間でも気になりますが犬の口臭も気になるものです。

人間の場合は、身近な人の口臭はすぐ分かりますが、自分の口臭は気が付きにくいですね。

人から直接「口臭が気になります」と言われるこは少ないと想いますが、まわりの人の反応で気がつくこともあるでしょう。

犬の場合は、自分の口臭を気にするということはないと想いますが、犬の口臭が臭いと気が付き始めると犬の口臭の原因は何なのか?心配しますね。

人間の口臭の原因は、ほとんどが口腔から発生する口臭だそうです。

人間と同じように、犬の口臭の原因としては、歯垢がたまったり、歯肉炎などの口腔内の病気が原因のようです。

犬の口臭は、口腔内に何らかの異常があることが考えられます。

しかし、犬の口臭の原因は口腔内の異常がほとんどですが、他にも口臭の原因として、糖尿病、尿毒症、 鼻炎、副鼻腔炎, など・・の場合がありますので、気をつけないといけません。

このように、犬の健康管理を犬の口臭で健康チェックすることが可能です。

愛犬の健康状態をいつも把握するためにも、犬の口臭チェックを常日頃からしておくといいでしょう。

その為にも犬の口臭の原因や対策・予防について知っておくといいでしょう。

犬の口臭ケアを日頃からして気持よく生活しましょう!!

 

犬の口臭の原因

 

犬の口臭原因は細菌!!

犬の口臭の原因は何かご存知ですか?

犬のことで相談件数が多い内容は、犬の口臭のことだそうです。
犬の口臭が生臭いと病気かもしれない?と心配します。

動物は人間のように歯磨きをしませんが、犬も歯磨きをしませんよね。

野生の動物であるオオカミやコヨーテなどは、生きた動物や死んだ草食動物の生肉や腐肉、骨などを食べることで歯に付着していた歯垢が取れるようです。

しかし、野生でないペットの犬は、だいたいドックフードをよく食べて、肉や骨を食べることはほとんどありません。

ドックフードは肉や骨ほど硬くないので歯の歯垢を落とすことができず、次第に歯石がたまってくるようです。

犬の唾液は弱アルカリで虫歯になりにくいのですが、歯垢がたまってくると歯石化しやすく、歯石になると歯茎が炎症を起こして犬の口臭の原因となります。

口の中や舌などにいる菌が食べ物の残りかすやタンパク質などを分解する時にニオイのある揮発性イオウ化合物を発生させ、これが口臭の原因となるようです。

つまり、犬の口臭原因は細菌ということになります。

ペットの犬は家族の一員として可愛がっていても、人間と一緒で口臭はダメという方は多いと思います。

犬の口臭対策をして、犬の口臭を消すことができれば、仲良くできますね。

犬の口臭の原因は主に3つです

あなたの愛犬が近づいてきた時に、生臭い口臭がして思わず顔を背けてしまったことはありませんか?

愛犬を室内で飼っている場合は、部屋の中に生臭い臭いがこもるのでとても気になりますね。

犬の口臭原因である細菌を除去するために、毎日歯磨きをしているのにそれでも口が臭いのはなぜ?と思っている飼い主の方は多いと思います。

 

犬の口臭の原因はだいたい次の3つです。

1.食事した後の歯の間や舌の上に残った食べカスが口の中に残って時間と
共に臭いが発生する。

2.腸内の善玉菌が減ることで、腸管から血液の中にメチルメルカプタンという
腐敗臭が吸収され肺からの呼気となって出てくる。

3.歯にこびりついた歯石や歯周病で臭いが出る。

 

これらの3つの口臭の原因を全部無くさないと犬の口臭を消すことはできません。

また、突然に口臭が気になるようになった場合は、歯周病や内臓に問題がある場合もあるので、ドクターに診てもらうことも必要でしょう。

口臭がひどい場合は内蔵の中でも特に腎臓病の可能性があります。

腎臓病になると、体内の老廃物の排泄や水分・解質バランスの調整ができなくなります。

口臭が強いことから腎臓病が分ることもあります。

急性的な腎臓病は尿の量が急激に減り、慢性の腎臓病は水をたくさん飲み、たくさんの尿を出します。

急性の場合は嘔吐があって尿が止まり、数時間で悪化して高カリウム血症や尿毒症になり死亡することもあります。

口臭が気になり、早めに病院に行き最悪の状況を免れることもあります。

 

犬の口臭の対策

犬の口臭を消す方法

犬の口臭が臭くて気になることがありませんか?

犬の口臭を消す方法はいろいろありますが、中でも犬の口臭対策グッズは、いろんな種類があるようです。

「デタミント」や「ブレスアリシャス」などのスナック菓子タイプやゼリーを塗布する「ソフトゼリー」などの犬の口臭対策グッズがありますが、
犬の性格や体調に応じたものを使った方がいいでしょう。

犬の口臭を予防するグッズを使用すると、胃腸の消化を補助してくれたり、血液を洗浄することで犬の口臭が抑えられたり、口臭の原因となる歯垢を
落としてくれます。

犬の口腔内のケアがしっかりとできていないと、歯垢が歯石となり、歯肉炎から歯周炎へさらに歯槽膿漏へとだんだんと悪くなってきます。

犬の口臭ケアのために、定期的に、犬の口の中をチェックしてあげましょう。
そして、犬の口臭対策グッズもいろいろ試してみて、一番ふさわしいものを揃えてあげるといいですね。

歯磨きをしてあげて、定期的にデンタルケア用の食品を与えるといいですね。
噛むことで口臭の原因となる歯垢を落としてくれるので、口臭予防ができます。

ペット用品のコーナーには、歯石予防の商品なや口内環境を整える商品などいろいろあるので試してみるのもいいですよ。

犬の口臭原因の細菌を除去してあげて、口臭から救ってあげましょう。

犬の口臭対策にはグッズを活用

飼い主さんの悩みで一番多い悩みと言えば、犬の口臭のことだそうです。

犬の口臭は犬自身が気になっているかどうか分かりませんが、飼い主にとっては不快ですし、歯周病などの病気の兆候かもしれないので心配ですね。

スポンサーリンク

しかし、犬は口の周りは触られるのを嫌がるので犬の口臭ケアには手間取りますね。

そこで犬の口臭対策グッズをうまく活用して、徐々に慣らしながら犬の口臭対策をしていくといいでしょう。

犬の口臭対策にまずはデンタルケア専用のおやつを与えてみたり、おもちゃを使ってみましょう。

犬の口臭対策のおもちゃとして、細かく編まれたロープやギザギザがついたゴムボールなど、歯の表面の歯石や歯垢を落とすグッズがいろいろとあります。

このようなグッズを使用する時の注意点は雑菌の繁殖です。

ゴム製のグッズは、面倒ですがこまめに洗うようにしてください。

ロープなどのグッズは中まで乾かないの雑菌が繁殖しやすいので、消耗品と割り切って買い替えたほうがいいでしょう。

犬の口臭対策のおやつでは歯みがき専用ガムが一番人気があるようです。

特に歯垢や歯石の蓄積除去に効果があると医療機関が認められたガムであれば犬の口臭の抑制効果が期待できます。

歯みがき専用ガムはいろんな味があって、味に好き嫌いが出るようです。

まずは少量のもので試してみて、様子をみてからまとめ買いをオススメします。

デンタルガムを試してみてもいいでしょう。

定期的な口内検査でチェックしよう

愛犬のために定期的な口内の検査をすることで犬の口臭予防や対策ができます。

最近、犬の口臭が生臭いとか犬の口臭がひどくなったきたと感じてきて犬の口臭が気になる場合は、歯周病の可能性があるので動物病院で検査を受けると
いいでしょう。

犬の口内検査は、獣医師が肉眼で歯肉の炎症や病変をチェックしたり、必要であれば更にレントゲン検査したりして調べます。

犬の口臭がある場合は犬の口臭対策のための指導をしてもらったり、歯周病の疑いがある場合は、歯周病対策の指導も行われます。

必要に応じて、獣医師が抜歯をして治療することもあります。

抜歯をする必要があれば、犬には可哀想ですが食べ物が食べにくくなります。
口内の環境を良くするためなのでしばらく我慢してもらいましょう。

もし、抜歯が必要になれば犬の治療には保険が利かないので、高額な医療費を覚悟しましょう。

犬の口内の治療が必要にならないように、普段から愛犬の口臭対策や歯周病対策をしっかりしておきましょう。

定期的に愛犬の口内検査を動物病院で行なうことで愛犬の口臭予防と対策ができます。

定期的な口内検査はお金がかかりますが、気づかずに放置しておいて治療が必要になるとさらに高額なお金を準備しないといけなくなるので普段からチェックしておくといいでしょう。

歯石除去で犬の口臭対策

犬の口臭の原因として歯石の影響があります。

歯についてしまった歯石は、麻酔をして除去するしかありません。

歯石を除去しないですむように日頃の予防が大切ですね。

歯石除去すると今までよりも歯石がつきやすくなります。

歯は一見きれいになり、口臭がしなくなりますが、歯石除去をすることで歯には多少傷がつくので汚れが今までよりも余計につきやすくなります。

歯石除去した後には定期的に口内ケアをしてもらう必要があるでしょう。

毎年の健康診断と一緒に、歯石除去をする飼い主さんもいます。

犬が若いうちはいいですが、歳をとった犬は麻酔をかけるリスクも上がります。

歯石除去は、歯石の程度によって麻酔時間も変わりますが、だいたい30分もあれば可能のようです。

あまりにも歯石がひどい場合は抜歯をすることもあります。

麻酔の料金は体重によって変わり、歯石除去の値段も歯石の程度によって変わります。

麻酔をかける前に、血液の検査をして麻酔をかけても大丈夫かどうかチェックをしたほうがより安全でしょう。

歯石除去の治療はだいたい日帰りでできるところもあります。

歯石除去した後は予防のために歯石効果のあるフードやおやつにすることで、歯石の付き方が違うと思います。

 

犬の口臭予防

口臭予防は歯磨きがポイント

犬の口臭を予防するためには、犬の口臭の原因となる歯垢や歯石を除去する磨きがポイントです。

定期的に犬の歯をケアしないでいると歯垢や歯石がこびりついてなかなか除去できないようです。

歯垢が歯石となって硬く付着すると、ちょっとやそっとでは除去できないので、獣医さんに超音波スケーラーなどで歯石除去をお願いした方がいいでしょう。

口臭の原因となる歯垢を除去し、犬の口臭予防をするためには歯磨きがポイントですが、犬に歯垢を落とす食べ物を与えると歯磨きと同じような効果があります。

歯垢を落とす食べ物としては硬い肉が簡単ですが、高価な肉を使うのは経済的に難しい方は市販に販売している歯垢除去グッズを使用すると経済的な負担は少なくなるでしょう。

しかし、歯垢を除去しても口臭がある場合がありますが、その場合は犬の胃腸の調子がおかしいと考えてもらったらいいです。

犬の健康管理をしっかりとして食事、運動、環境など気を配ってあげましょう。

犬の口臭を防ぐためには、過度のストレスを避け、円滑な関係を築くことです。

また、犬の口臭予防としては、唾液が口臭を低減する作用があるので犬にガムを噛ませたで唾液を出させたり、歯のかみ合わせ運動で唾液を出すこと
が出来ます。

犬の口臭は、急に気になり始めたりするのではなく、長年の生活習慣の積み重ねで歯垢が蓄積したり、何らかの病気を抱えていたりすることで生じることが多いのです。

口臭対策ガム「グリーニーズ」で予防しよう

愛犬の口臭予防の為には、歯磨きが基本ですが歯磨きが好きな犬はまれで、歯磨きが嫌いな犬がほとんどなので口臭対策には苦労するのではないでしょうか。

そこで、歯磨きの代わりに口臭対策ガム「グリーニーズ」を犬に食べさすことで歯を綺麗にしで、口臭予防ができます。

このグリーニーズは、犬の好みを研究して作られた味ですので歯磨きが嫌いな犬でも喜んで食べてくれるので口臭対策が可能です。

口臭対策ガム「グリーニーズ」は犬の身体のサイズに合わせていろんなサイズが準備されているので便利です。

口が小さい犬には小さなサイズのガムがあるので、犬の身体のサイズに合ったガムを選べます。

また、ふりかけタイプなどもあって猫のために使えます。

しかも、「グリーニーズ」を噛むことで歯石を予防し歯も強くなるのでとても便利な口臭対策ガムになっています。

愛犬の犬の口臭が生臭かったり、臭いが気になる場合には顔を近づけたり舐められたりするとイヤですが、口臭対策ガムのグリーニーズを使うことで手軽に簡単に口臭対策ができるので、ペットの口臭対策に悩んでいる方はグリーニーズを一度試してみることをお勧めします。

スポンサーリンク

 - ペット

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした